教育者として求められること

教育に利用できる便利な教材 人を育て、導く者こそが教育者です。しかし、思想や価値観は多様化しており、たった一つの事柄も、見る側は違うだけで違った側面を持ちます。多様性は、人類が発展し栄光を掴んでいく為には、必要な考えですが、それ故に本当に一つになることの難しさも秘めています。「ゆとり」という教育は、大人達が子供達に押し付けた方法の一つですが、それを子供達は大人になって、責められる結果になっています。大人達の受けるべきせめぎを、子供達が背負うのは余りにも可哀想です。

日本社会は、レッテル張りが強い国民性であり、形式に入れたがっています。どの世代であっても、多様性の産物として多種多様な人がいるのにも関わらず、それを一括りにしたがる傾向があります。また、多様性のない社会は、一つの災害において全滅をする可能性を秘めており、人と違った感覚を持った人物がいることは、とても大切なことです。その差違に目を向けて、真っ正面から向き合い、導くことが、教育者には求められています。
Copyright (C)2019教育に利用できる便利な教材.All rights reserved.